For Child For Child

こども(発育期)の矯正治療

永久歯が生えそろう前の発育期だからこそ口腔機能の改善を併せた矯正治療が可能です。
・現在生えてきた前歯の歯並びが心配ですか?
・あごが小さい・・など指摘されたことはありませんか?
・いつも口を開けっ放しで口から呼吸していませんか?
「お子さまの歯並びが気になる」方はまず、ご相談ください。

歯並びに問題を抱えている
子供たちには、
あごの発育にも問題があります
あひる

歯並びの乱れの原因は、口呼吸や異常な食べ方飲み方などによる
間違った口腔周囲の筋肉の使い方によるものです。必ずしも遺伝とは限りません。

通常、乱れた歯並びとあごの発育の不調和は大きな歯と小さなあごのアンバランスによるもので、遺伝的な問題があるとの理由から治療を先延ばしにされることが多く見受けられます。またそればかりでなく、将来の抜歯の可能性も増えてしまいます。

しかし、最近の研究では筋肉の機能の不正として知られている口呼吸・舌癖・異常嚥下(飲み方)などの口腔機能不全が、あごの成長発育に影響を及ぼす本当の要因として明らかになっています。
つまりアレルギーや喘息、大気の汚れ具合、指しゃぶりやおしゃぶりの長期使用などによる結果として、歯並びの乱れが生じます。このように頬や舌、唇を含めたすべての口腔周囲筋の使い方が、歯並びや顔面の発育に大きな影響を与えます。

上下顎歯列の側方拡大や抜歯だけが矯正治療の選択手段ではありません

上下顎歯列

上下顎歯列

一般的には、永久歯が萌出する6~8歳前後に前歯の歯並びの乱れに気づくことが多いと思います。意を決して、そこで矯正相談を受診しても、すべて永久歯が萌出してあごの発育が終了する時期まで待つことをすすめられることもあります。

確かに歯並びの治療だけであれば治療期間の大幅な短縮といったメリットもあるように一見思えますが、いざ永久歯列になってから本格的矯正治療を始めてみますと小さなあごに大きな歯を全て並べるのにスペースが足りないとの理由で抜歯の選択が必然と増えてしまいます。つまり治療を後々まで先延ばしにしてしまいますと、ますます治療の選択肢が限られてしまうということです。しかし発育期から治療をスタートすることで大きなメリットが得られるのです。

正しい呼吸をするための必須条件

正しい呼吸をするための必須条件

発育時期にこの習慣をしっかりと身につけたら“QOL”つまり生活の質が良い方向へと変化します。
鼻でしっかり呼吸ができるようになると頭が常に冴えるようになり、睡眠では朝までもしっかりと深く眠れるようになりますので昼間にウトウトすることも少なくなります。
さらには免疫力も向上し、風邪やインフルエンザなどにもかかりにくい強い身体に変化します。

MFT(筋機能トレーニング)を
併用した
発育期の矯正治療
あひる

トレーナーによる治療のトレーニング効果

当院では、できるだけシンプルに多くの効果が得られる装置を使用します。 こどもたちの口腔筋機能改善のために、機能的矯正装置の1つであるトレーナーの装着とMFT(口腔周囲筋の機能トレーニング)を行っています。 この発育期での治療目標は、主に口腔機能改善を主とした治療になります。 MFTを併せながらトレーナーをしっかりと使用していただくことで、口腔周囲の筋機能が改善していくことで自然と歯並びが整い、左右対称な整った歯列へと変化していきます。

家にいるときと就寝時に使用

家にいるときと就寝時に使用

あごの大きさと症状にあわせた装置を選択

あごの大きさと症状にあわせた装置を選択

またMFTといったトレーニングによる好ましい結果として、良好な顔面の発育を促し、バランスの取れた顔貌へと変化します。さらには舌のトレーニングの成果として気道が拡大し、正しい呼吸法を身につけることができて免疫力のアップにもつながります。
早期に機能的矯正治療を始めるほど、こどもたちは生涯にわたり正しい口腔筋機能習慣を徹底して身につけることができるようになりますし、 歯の交換時期に土台づくりをしっかり行うことで、固定式矯正装置による本格矯正治療期間の短縮を図ることができます。

トレーナーを装着しているだけでは十分ではありません

トレーナーの継続使用が前提なのですがそれだけでは十分ではありません。 トレーナー治療は家で過ごす1~2時間の使用と夜間の就寝時間に継続して使用していただくことでしっかりと効果が出てくるのですが、しばらくすると就寝時間だけの使用となり、さらに使用時間が短くなってくる・・といった状況も頻繁に目にします。継続はとても大切です。

当院ではトレーナーの装着以外に、効果をさらに引き出すために舌や呼吸などのトレーニングを併用しています。毎日継続してトレーナーとともにトレーニングをすることで良好な結果へと導くのです。 トレーナーを口に入れておけば勝手に治っていくものではなく、ご本人の積極的な治療への協力が不可欠になります。 当院では口腔内写真を定期的に撮影して変化の具合を示すことで治療に対するモチベーションを維持する工夫をしています。さほど負担をかけず楽しみながら毎日トレーニングを積むことで素晴らしい効果が得られるでしょう。

  • 治療例 - 乳歯から永久歯に交換中
    治療例 - 乳歯から永久歯に交換中
  • 治療例 - 全ての乳歯が永久歯に交換直後
    治療例 - 全ての乳歯が永久歯に交換直後
  • 治療例 - 乳歯から永久歯に交換中
    治療例 - 乳歯から永久歯に交換中
  • 治療例 - 全ての乳歯が永久歯に交換直後
    治療例 - 全ての乳歯が永久歯に交換直後
2021年 12月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
28休診日
29
30
1休診日
2
3
4休診日
5診療日
6
7
8休診日
9
10
11
12休診日
13
14
15休診日
16
17
18
19休診日
20
21
22休診日
23
24
25
26休診日
27
28
29休診日
30休診日
31休診日
1休診日
2022年 1月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
26休診日
27
28
29休診日
30休診日
31休診日
1休診日
2休診日
3休診日
4
5休診日
6
7
8
9休診日
10
11
12休診日
13
14
15
16休診日
17
18
19休診日
20
21
22
23休診日
24
25
26休診日
27
28
29
30休診日
31
1
2休診日
3
4
5

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日