Collection of cases Collection of cases

下あごが左にずれていて物が噛みにくい  20代後半

主訴:前歯の見た目が気になる

初診時年齢:25歳

性別:男性

診断名:骨格性反対咬合

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:マルチブラケット装置

治療費用:約70万円(税抜)と来院時に調節料5,000円(税抜)

再治療期間:1年2ヶ月(totalで3年7ヶ月)

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み  装置による口腔粘膜の口内炎

 

受け口(骨格性反対咬合)の治療過程の途中で遠方へ転勤されることになりましたので、一時的に装置を外した状態で仮保定していただきました。

2年半ほどのちに転勤先から戻られましたので治療を再開することになりました。

 

再診時に一番気になることは、下あごがずれていて左側で噛みにくいとのことでした。

 

装置を外した時の写真でなくて申し訳ないのですが、治療終了直前の状態です。

上・下あごの歯に必要最小限の範囲で装置を装着して、部分矯正で治療をすすめました。

 

上下の前歯のずれもほぼ一致して、左右均等に咬めるようになったとのことです。

2020年 9月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
30休診日
31
1
2休診日
3
4
5
6休診日
7
8
9休診日
10
11
12
13休診日
14
15
16休診日
17
18
19
20診療日
21休診日
22休診日
23休診日
24
25
26
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
2020年 10月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
4休診日
5
6
7休診日
8
9
10
11休診日
12
13
14休診日
15
16
17
18休診日
19
20
21休診日
22
23
24
25休診日
26
27
28休診日
29
30
31

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日