Collection of cases Collection of cases

前歯部干渉による下あごの後退 20代後半主訴:前歯の見た目が気になる

初診時年齢:27歳

性別:女性

診断名:前歯の早期接触を伴う前歯部叢生

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:マルチブラケット装置

治療費用:約68万円(税抜)と来院時に調節料5,000円(税抜)

治療期間:2年2ヶ月

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み  装置による口腔粘膜の口内炎

 

上あごの前歯が舌側(内側)に傾斜しているため、下あごの前方への動きが制限されている状態です。

 

下あごが本来の位置よりも後ろに押し込められて咬んでいる感じです。

初診時では20代後半の女性です。

 

成人の場合ですと顎関節が現状で適応しているため、矯正治療で下あごを前方に出すことが難しいこともあります。

 

 

治療期間は2年2ヶ月でした。

 

本症例では、まず上あごの歯列幅を側方拡大しながら前歯の歯軸を改善することから始めました。

その後、上下あごの前後的な位置を改善ながら噛み合わせを整えて動的処置を終了しました。

2020年 9月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
30休診日
31
1
2休診日
3
4
5
6休診日
7
8
9休診日
10
11
12
13休診日
14
15
16休診日
17
18
19
20診療日
21休診日
22休診日
23休診日
24
25
26
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
2020年 10月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
4休診日
5
6
7休診日
8
9
10
11休診日
12
13
14休診日
15
16
17
18休診日
19
20
21休診日
22
23
24
25休診日
26
27
28休診日
29
30
31

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日