Collection of cases Collection of cases

前歯の歯並びとかみ合わせを治したい

主訴:上あごの前歯が出ているが気になる 口を閉じにくい

初診時年齢:10歳

性別:女性

診断名:叢生

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:可撤式拡大装置→マルチブラケット装置

治療費用:約65万円(税抜)と来院時に調節料3,000/5,000円(税抜)

治療期間:4年0ヶ月

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み

 

上顎歯列の幅がかなり狭かったので側方への拡大を先行して拡大終了後に固定式装置により個々の歯を並べることにしました。

 

動的治療期間は4年でした。

上あごの歯列幅を側方に拡大しながら左右犬歯の萠出スペースを少しずつ確保しました。永久歯がほぼ生え揃った時点で再診断を行い、非抜歯で治療を進めることになりました。

上下顎の歯列にマルチブラケット装置(ワイヤーによる本格矯正治療)を装着して永久歯の矯正治療を開始しました。

治療途中で服用薬の副作用による歯肉腫脹の状態を考慮して、動的処置の最終仕上げの前でところどころに至らない箇所がありますがいったん上下顎の装置を外して保定に移行しました。

 

保定期間が8か月ほど終了した後に、取り外しのできるマウスピースによる矯正治療で歯並びの仕上げを行いました。仕上げの動的処置期間は約2か月でした。

 

2024年 4月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
31休診日
1
2
3休診日
4
5
6休診日
7診療日
8
9
10休診日
11
12
13
14休診日
15
16
17休診日
18
19
20
21休診日
22
23
24休診日
25
26
27
28休診日
29休診日
30休診日
1休診日
2休診日
3休診日
4休診日
2024年 5月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
28休診日
29休診日
30休診日
1休診日
2休診日
3休診日
4休診日
5休診日
6
7
8休診日
9
10
11休診日
12診療日
13
14
15休診日
16
17
18
19休診日
20
21
22休診日
23
24
25
26休診日
27
28
29休診日
30
31
1休診日

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日