Blog Blog

八重歯を治したい  10代前半

主訴:八重歯を治したい

初診時年齢:10歳

性別:女性

診断名:犬歯低位唇側転位

抜歯/非抜歯:抜歯

装置名:マルチブラケット装置

治療費用:約62万円(税別)と来院時に調節料5,000円(税別)

治療期間:3年11ヶ月

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み  装置による口腔粘膜の口内炎  カリエス

 

 

上顎の八重歯の歯並びが気になるとのことで来院されました。

 

上下顎ともに歯の大きさが大きめなことに加えて、奥行の長さが短いため小臼歯の抜歯による治療を選択しました。

永久歯へと歯の交換が進んだ時点でワイヤーによる治療を開始しました。

混合歯列期からの治療スタートでトータルの治療期間は3年11か月でした。

 

上下顎の12歳臼歯(第二大臼歯)がしっかりと咬合した状態にしてから動的治療を終了しています。

主訴:前歯の歯並びが反対なのが気になる

初診時年齢:10歳

性別:女性

診断名:前歯部叢生を伴う反対咬合

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:可撤式装置 → マルチブラケット装置

治療費用:約70万円(税抜)と来院時に調節料5,000円(税抜)

治療期間:3年9ヶ月

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み  装置による口腔粘膜の口内炎

 

前歯の歯並びを治したいとのことで来院されました。

上あごの歯列幅が狭く、矢印で示す箇所のように左側の犬歯の生えるスペースが足りない状態です。

前歯の噛み合わせが浅めの反対咬合のケースですが、骨格的な因子はそれほど強くないため下顎の成長方向のコントロールや上顎前方牽引は必要ありませんでした。

 

永久歯列への交換末期で、最初の半年ほど取り外し式の拡大装置を上あごに夜間のみ装着して上あご歯列幅の拡大を行いました。

ワイヤーの固定装置による動的処置を行いながら上下あごの12歳臼歯(第二大臼歯)が正常な位置に萌出するように誘導しました。

主訴:前歯のかみ合わせが反対なのが気になる

初診時年齢:10歳

性別:男性

診断名:骨格性反対咬合

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:マルチブラケット装置

治療費用:約70万円(税抜)と来院時に調節料5,000円(税抜)

治療期間:7年10ヶ月

治療に関する副作用/リスク:長期治療  装置による口腔粘膜の口内炎

 

前歯の噛み合わせが反対なのが気になって来院されました。

 

初診時にはすでに下あごが相対的に前方にでており、後に永久歯が生えそろってから前歯以外にも問題のある箇所が生じたケースです。

 

前歯の噛み合わせが浅い状態ですので、このままでは下あごが前下方向へさらに成長する可能性が非常に高い状態です。

混合歯列期からの治療スタートでしたので、上顎歯列幅の拡大を行うとともに、夜間にチンキャップ(あごあて)を併用していただきました。

 

永久歯列になったのちにワイヤーの固定式矯正装置を上下あごともに装着しています。

また身長の伸びと同時に下あごの前下方向への成長が長期間続きました。

 

上あごは八重歯になりましたがかろうじて小臼歯抜歯をせずに個々の歯を並べました。

その結果、上あごの奥行が足りなく最後臼歯である第二大臼歯が左右側上下で交叉した咬み合わせになりましたので、しっかり治してから装置を外しました。

主訴:前歯の歯並びが気になる

初診時年齢:9歳

性別:男性

診断名:前歯部叢生を伴う過蓋咬合

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:可撤式拡大装置 → 機能的筋機能矯正装置(トレーナー)

治療費用:約30万円(税抜)と来院時に調節料3,000/5,000円(税抜)

治療期間:2年4ヶ月

治療に関する副作用/リスク:  装置による口腔粘膜の口内炎

 

前歯の歯並びを治したいとのことで来院されました。

 

前歯の噛み合わせが深く、下あごの前歯が上あごの前歯に隠れて見えない状態です。

早くから治療を始めると期間が長くなってしまうと考えがちかもしれませんが、この時期からのスタートならではの大きなメリットがあります。

 

最初の半年間は、上あごに取り外しのできる歯列側方拡大装置を夜間のみ使用していただきました。

 

前歯の歯並びに少し隙間ができたタイミングで、マウスピース型の機能的矯正装置であるトレーナーを混合歯列期の間、現在まで使用しています。

 

初診時から現在まで使用した装置は取り外し式の拡大装置を半年間とトレーナーのみです。

 

毎日のトレーナー装着による舌を含めた機能トレーニングの成果です。

永久歯列期になる前のこの時期ならではの治療効果です。

主訴:前歯の歯並びが気になる

初診時年齢:10歳

性別:女性

診断名:舌癖を伴う切端咬合

抜歯/非抜歯:非抜歯

装置名:可撤式装置 → マルチブラケット装置

治療費用:約65万円(税抜)と来院時に調節料3,000/5,000円(税抜)

治療期間:4年2ヶ月

治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み  装置による口腔粘膜の口内炎  カリエス

 

混合歯列期からの治療です。

タングスラストという舌を前に押し出す癖が強く歯並びに強く影響しています。

また下あごの後退も認められました。

 

舌の機能トレーニングを併用しながら取外し式の装置からの治療スタートです。

下あごを前方に出す機能的装置も使っています。

永久歯がほぼ生えそろったところで本格矯正治療をスタートしました。

 

装置を外した直後は最後臼歯(第二大臼歯)がまだ生えてきていませんでしたが、保定観察をしながらきちんと咬合した状態を見届けてから終了しました。

2020年 9月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
30休診日
31
1
2休診日
3
4
5
6休診日
7
8
9休診日
10
11
12
13休診日
14
15
16休診日
17
18
19
20診療日
21休診日
22休診日
23休診日
24
25
26
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
2020年 10月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
27休診日
28
29
30休診日
1
2
3
4休診日
5
6
7休診日
8
9
10
11休診日
12
13
14休診日
15
16
17
18休診日
19
20
21休診日
22
23
24
25休診日
26
27
28休診日
29
30
31

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日