Blog Blog

舌の機能が歯並びに影響する

横浜市青葉区 長津田 & 青葉台の長津田アオバ矯正歯科です。

歯並びや咬みあわせの不調和を不正咬合といいますが、現状の歯並びの状態にはそれなりの原因があります。

その一つに舌が歯並びと関係しているということです。

舌の大きさ、形、舌の位置、舌体の裏側にある舌小帯というスジの長短などが歯並びに影響を与えることがあります。

舌体のサイドに歯の痕がくっきりとついている場合は、舌が大きいというよりも下あごの歯列幅が狭い場合の方が多いのです。結果として、個々の側方歯が前方に傾斜して前歯にしわ寄せがきて歯並びが乱れることが考えられます。

 

 

さらには、舌体は常時下顎の歯列内に収まったままで殆ど動いていない場合も考えられます。

 

 

上下顎間は、いつもは安静位といいまして上下の歯が接していないで少し隙間が空いている状態になっています。そして舌体は上あごの口蓋に吸い付いて挙上しているのが正常な状態です。

舌が挙上している状態では口呼吸ができません。つまり舌が持ち上がっていることは鼻呼吸するための必要条件なのです。

このイラストでは上下顎の歯が噛んでいます・・が、普段は少し隙間が空いています。エビデンスはありませんが・・

ところが舌小帯が短かったりして舌の挙上が常時妨げられている場合、舌はほとんど動かないために下アゴの歯列内に収まったままの状態で、歯の痕がつくだけでなく舌本来の機能をほとんど果たしていません。

そのため、舌の位置と形に添うように個々の歯が動いてきて歯並びが乱れてくることが考えられます。

このような状態の場合には、矯正治療に併せて舌の挙上トレーニングを行うことで、本来の機能を回復をめざします。勿論トレーニングを単独で行うのではなく、矯正治療を進めながらトレーニング効果をしっかりと引き出していくのです。

舌がきちんと機能するようになれば、舌側(内側)に倒れていた奥歯がちゃんと頬側に直立して、舌の収まる空間が拡大する、嚥下機能が回復する、発音がしやすくなる、咀嚼効率が上がる、気道が広がる、呼吸が楽になる、歯並びだけでなく上下顎の不調和の改善に多くの成果や効果が見込まれます。

それだけ舌の機能は歯並びと密接に関係しているのですが、上下の口唇や頬粘膜の筋力のバランスも舌同様に歯列の歯並びに影響を与えています。

矯正治療後に保定期間が終わってからも長期にわたって歯並びが安定するということは、これらの軟組織(舌、唇、頬)が新しい環境にバランスよく機能的に調和するようになっているということです。

Befor

After

ただし無理のない歯並びの状態や、歯を支えている歯槽骨の状態も歯並びに大きく影響を与えていることはいうまでもありません。

それでは、今日はこの辺で。

次回は呼吸と舌の関係をもう少し詳しくお話します。

2021年 1月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
27休診日
28午後休診
29休診日
30休診日
31休診日
1休診日
2休診日
3休診日
4午後休診
5
6休診日
7
8
9休診日
10診療日
11休診日
12
13休診日
14
15
16
17休診日
18
19
20休診日
21
22
23
24休診日
25
26
27休診日
28
29
30
31休診日
1
2
3休診日
4
5
6
2021年 2月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
31休診日
1
2
3休診日
4
5
6
7休診日
8
9
10休診日
11
12
13
14休診日
15
16
17休診日
18
19
20
21休診日
22
23
24休診日
25
26
27
28休診日
1
2
3休診日
4
5
6

診療日

休診日

午後休診

その他

診療日